毎日がそんな繰り返し。

Introduction

今日と別れ、今日に出会う、世界は出会いと別れの繰り返し。
その繰り返しの中で何かを考え続け、いつか何かを表現するための落書き帳。